コンパニオン,

英語対応、中国語対応コンパニオンの募集とレベルについての解説

はじめに

2020年の東京オリンピックに向けて、各国、各企業から外国語対応の人材不足が予想されます。

 

それぞれどれくらいの語学レベルを求めているかによりますが、

通訳ほどまでの語学力はなくても、イベントにおいて、イベントの趣旨の説明や、その企業のインフォメーションが出来るレベルを語学対応コンパニオンが出来るレベルと言えるでしょう。

 

 

 

1 英語対応コンパニオン、中国語対応コンパニオンってどんな仕事?

 

そもそもイベントコンパニオンという言葉は、和製英語で基本海外では通じない用語であり、海外では同じイベントコンパニオンという職業を「ホステス」と呼んでいます。

日本でしか通じないイベントコンパニオンという単語も、海外で言うホステスも、要は、

展示会や博覧会での受付や会場案内、誘導などを担当する女性の事をいいます。

モデルまでの容姿が無くても、事務所の面接さえクリアすれば誰でもなれる職業です。

 

それに加えて、語学力の知識をもったコンパニオンが、英語及び中国語対応コンパニオンと言われています。

展示会やイベント、ショーにおいて語学で接客、案内が出来るコンパニオンの事を指します。

 

 

2 英語対応コンパニオン、中国語対応コンパニオンの語学力はどこまで求める?

 

  • 通訳までのレベルは行かなくとも、イベントの趣旨やブースの説明などが出来る語学レベルと言ったところです。
  • お客様からのイベントについての質問に受け答えできる程度は問題なくこなせるといったところでしょう。

 

  • TOIECやTOEFLなどと言った英語のレベルは目安になりますが、あくまでも目安であり、TOIECならば600点以上、とTOEFLならば50点以上だとある程度問題なく会話出来るのではと想定します。

 

  • 帰国子女や留学経験がある方は審査基準に有利ですので、経験ある方は年数や在住していた国などレジュメに記載していますので確認しましょう。

また、イギリスやオーストラリアで留学経験があるとブリティッシュ英語、アメリカであればアメリカン英語のイントネーションが強く、採用される企業により語学教育を受けた国も確認した方がよいでしょう。

 

 

3.服装は?

 

コンパニオンというからには、人前に立つ仕事なので、身なりもそれなりに問いたいところです。

 

語学力に付け加え、お客様をお迎えする立場でありますので、その企業の顔となります。

ですから、勿論ビジュアルも必要です。

 

コンパニオンはメイクや身だしなみは人一倍気を付けなければいけません。

また、服装は、各企業のイメージカラーに合わせてユニフォームを揃える場合も多く、

膝上丈の清楚系ワンピースにプレーンなパンプスとナチュラル色ストッキングといったイメージが多いです。

 

ユニフォームを支給しない場合は、自前のリクルートスーツに襟付き白シャツに足元は同じくプレーンなパンプスで対応することが多いです。

 

4.予算はどれくらい?

 

キャリアや語学力、またビジュアルにもより多少差がありますが、

日給にすると18000円から30000円と言ったところでしょう。

 

かなり幅が広いですが、語学力があり、ビジュアルが良く、リピート率が高い!と言った人材は、いうまでもなく人気者です。

スケジュールも早く埋まります。

ギャラは通常の方よりは高いと想定してください。

 

 

 

 

5.企業が語学コンパニオンを採用するまでの流れ

 

 

  • まずは、各コンパニオン事務所に問い合わせをし、イベント趣旨を伝えます。

それに見合う人材を数名ピックアップします。

 

 

  • 事務所からプロフィールが上がってきたら、記載されているそれぞれの経歴やキャリア、また写真を見て自社のイメージに見合う人材かどうかを判断します。

 

 

  • やはり、語学なので紙面だけでは判断しきれない事があります。

だからと言って、オーディションするまでの時間も作れないと言った場合は、

電話面接や動画を送って貰ったりすることも可能です。

 

特に、海外に会社がある企業様はオーディションが出来ない為、そのように動画や電話対応を判断材料に加えることもあります。

 

 

 

  • 数名の中から選考し決定を下します。

 

【ポイント1】選考から決定までの間は出来るだけ敏速に対応しましょう。

 

なぜならば、他でも同じ日程でプロフィールを提出し、選考している可能性があります。

大きな展示会だとなおさらその可能性があります。

いい人材は、引っ張りだこだという事を忘れないでください。

 

先に決定を出したクライアントを優先して仕事をしていますので、

「この子に決めた!!」と思った時には、もうスケジュールが埋まっている可能性があります。

どの仕事もそうですが、人気ある人材、リピートある人材ほどすぐにスケジュールが埋まっていくものです。

決定は敏速に対応する事をお勧めします。

 

 

【ポイント2】ホームページを確認し、在籍人数の多い事務所をチョイスする。

 

 

在籍人数の多いコンパニオン事務所だと選考人数も沢山の中から選ぶことが出来ます。

語学力も幅広く在籍していると見込めるので、自社の求めている人材や自社イメージに見合う容姿、人材を見つけることも容易です。

 

 

【ポイント3】質を追求するならば安さで選ばない事。

 

腕のいい医師、勝訴率の高い弁護士、人気あるタレントの報酬が高いのは当然で、

人気があり、リピート率が高く、ビジュアルが良く、語学力が高い・・・

そんな人材が一際ギャランティーが高いのは当然です。

 

求める質を追求したければ、予算にも余裕を持ちましょう。

 

 

まとめ

これからの日本は、ビジネスにおいて益々英語や中国語が必須の時代になってきます。

ビジネスでよい結果を残すには、質の高い人材を追求し、如何に高い専門知識を兼ね備えてビジネスツールを多く持っているかで、結果を残せる社会になると想定します。

 

人材選びは、どの業界も慎重にする必要があります。

 

英語コンパニオンは株式会社シャノワール

 

中国語コンパニオンは株式会社シャノワール

 

 

 

0no comment

writer

The author didnt add any Information to his profile yet