コンパニオン, モデル,

モデル事務所が教える面接やオーディションの受かり方のコツ

はじめに

 

どんな面接だってやっぱり緊張するもの。

アルバイトや就職活動時の面接、モデルのオーディション・・・全てに役立つ面接マナーの解説

 

 

1 面接の際の服装はどんなところに注意?

服装は、第一印象を大きく左右します。

例え、就職活動でなくとも、学生のアルバイトであっても社会人としての常識ある

身だしなみを考えましょう。

 

 

身だしなみはその人の人格を表わします。

会社面接で女性の場合はリクルートスーツ(襟付き白シャツ、紺OR黒系の膝上タイトスカートスーツ)にナチュラル色ストッキング、黒パンプス。

アルバイトの面接でも、襟付きシャツや清楚なワンピースなどといった爽やかなイメージを心掛けてください。

当たり前ですが間違ってもジーンズやTシャツなどで行かない事!

 

 

 

 

モデルやイベントコンパニオンなどと言った人前に立つお仕事の面接の際は、

身だしなみは一際注意が必要です。

 

なぜなら、第一印象が非常に重要な業種だからです。

 

女性なら脚の形や体のラインがしっかり見える服装で行きましょう。

ウエストラインがわからないストレートなワンピースやパンツスタイルは避けましょう。

 

 

男性ならば、襟付きのシャツに綿のパンツ(Tシャツ、ジーンズ、短パン、サンダル不可)です。正社員面接ならば、リクルートスーツにネクタイは必須です。

 

 

 

 

2.面接の際の髪型は?

 

極度な茶髪やメッシュなどと言った個性的な色はどんなお仕事も基本はNGです。

社会人として節度ある色、髪型を考えましょう。

前髪が目にかかり顔がしっかり見えない、頬が半分くらい隠れて顔の形が分からないなどという髪型は避けましょう。

 

 

 

 

男性は当たり前のことですが髭はNG。最近では、ファッションの一部でTATTO(刺青)をいれている方もいますが、服装で見えないところなら可能だという会社もありますが、

腕や脚などで見えるところに入っている方は美容外科などで消すことをお勧めします。

TATTOは仕事上、プラスにはなりませんし、NGを出す企業も多いです。

 

3・面接のドアの開け方

 

ドアはノック3回。

ドアを開けたら、「失礼します!」と言い、ドアを閉めるときは両手で締めます。

 

椅子があっても「お座りください」と言われるまで、自分から椅子に座らない!

座る時は、「失礼します」と言って座ってください。

 

 

 

 

4・面接の際に注意すべき点は?

 

人はどうしても緊張すると、声が小さく、トーンも低くなってしまいます。

それを踏まえて、最初の第一声は、声を大きく、トーンも1オクターブ上げる気持ちで

声を出してみましょう。

第一声の声が小さく、トーンも低いとそこから上げていくのは大変難しいものです。

第一声の声はとても大事だと心得てください。

 

 

 

 

5・面接の際の自己PRはどうしたらいい?

 

自己PRは確かに大事なところではありますが、

面接で本当に一番大事なところは、貴女の表情やしぐさ、そしてあなたの第一印象です。

ここの点数が低いと、どれだけ自己PRの内容が良くても点数は低いです。

要は、どんな仕事も社会に出たら人間性はとても大事なポイントです。

 

 

どれだけ優秀な大学を出て、優秀な成績を収めていても、社会人としての常識や、上司や同僚、部下との協調性、そして人間性は会社が一番貴女に求めているところです。

 

面接する側は、この短い時間の中で貴方のしぐさや目線、表情、言葉の表現力からそれを見極めています。

 

その次の段階で、自己PRの内容でしっかり自分のマインドを伝えてください。

※自分がどうしてこの会社を選んだのか?

※今後の自分はどうしていきたいか?

 

をきちんと伝えることは大きなポイントです。

 

6・会社にとっての人材とは?

 

 

会社は、組織によりそれぞれのものを求めて、貴女の能力を採用しています。

 

採用された人たちは、自分にしかできない事、能力、あらゆる事にしっかり答えられるよう体制を整えてお仕事する事はとても大事な事です。

それはどんな仕事でもお金を頂く上では世界共通です。

 

お金の為に仕事をするという人と、仕事をした結果お金を頂くという人

 

この二つの考え方(意識)は、仕事への捉え方が全く違ったものになります。

もし、貴女が会社の社長だったら、貴女はどちらの人材を選びますか?

もし、貴女が会社の社長だったら、貴女という人材が面接に来た時、その貴女は貴女を採用しますか?

貴女を見て「こんな人材が欲しかった」となるでしょうか?

 

会社はそんな人材を求めています。

そしてそんな人材を大事にしてくれます。

 

 

面接に受かって自分の求めている仕事、そして会社が求めている人材としてしっかり答えていきましょう。

 

モデル事務所 株式会社シャノワール

 

0no comment

writer

The author didnt add any Information to his profile yet